妹と私の闘病日記

原因不明の病に侵された妹と私の気持ちをBlogに書きます

エンディングノート

最近、江原さんの本を読んでエンディングノートを書く事は悪くない事だと知り、書いてみようかな…と思う。

きっと、30代でこんなにもの経験をしなかったら絶対に思わなかった。

妹はエンディングノートどころか、自分が最後何を伝えたかったのか。きっと伝えたいのに麻痺が酷くて伝えられないまま天国へ旅立っていった。

亡くなったら綺麗になんとでも言える。
悔いはなく逝ったんだよ…とか、天国で笑ってるよ…とか。
気休めかもしれないけどカウンセリング的なものを受けに行って、こうゆう前向きな言葉を言ってもらい、その時はもう下向くのはやめよう。と思う。

けど、亡くなった本人が何を思ってたのか、それは誰にも分からない。そして、失った側も、失った辛さを自分の一部にして生きていかなければいけないんだ。と思う。
これはもしかしたら妹の死を受け入れ始めてるのかもしれない。2年前の私ならこんな風に思えなかった。

今でもものすごい喪失感に襲われたり、淡々と毎日を過ごしていたりの自分。
多分少しは前に進んでいるのかもしれないな。

少しづつだけど私はエンディングノートを書いて自分にもしもの事があった時に読んでもらえるようにしたいな。

やっとblogを。

私は30代に何人大事な人を失うんだろう。と思わされた今年の夏。

真夏の暑い日の夕方、珍しい友達から突然電話が来た。
〇〇さんちのご家族と仲良いよね?
うん、なんかあったの?
落ち着いて聞いてね、旦那さんが亡くなった。

と……

え?って感じだった。風邪ひいても自力でなん治しちゃうような強い人が?先週一緒にコンビニでアイス食べてたのに?

訳がわからないまま教えてもらった病院に行ったら案内された場所は霊安室

仕事の休憩中にお昼寝してそのまま逝ってしまった。心不全だった。

しかも私の妹と同じ年齢で…

可愛い子供達と愛する奥さんを遺して、気持ちよく眠ってるみたいだった。

今年の夏は夢のように過ぎた。

私は彼ら家族にすごく救ってもらった。家族同然な関係だった。
だから立場は違えど大事な人を失った悲しみは普通の人よりは分かると言える…
子供達を笑顔に。
同じ土俵に上がった親友の支えに。

今は少しずつルーティンが出来てきて、彼女達と一緒に過ごす時間も決まって増えてきた。

子供達の力には私もパワーをもらう。

笑う時は思いっきり笑って泣きたい時は思いっきり泣いて、素直に表現してる。
すごく強いと思わされた。

2年前の私は笑えなかった。他人との関係すらめんどくさかった。

でも気づかぬうちに自分を取り巻く周りの人に支えられてここまで歩いてきてる事に気付かされた。

明日なんか分からない。
今しか分からないんだ。

大きな穴

闘病中の妹の姿が急に走馬灯のように蘇る時がある。
まさに今そうだった。

大事なものを一気に失った私は段々それに慣れて来て、ドン底の日よりは普通の毎日を送ってる。

でもフとした時に思い出して急に不安になるのは変わらない。

そして一生そうなのかも…と思うと、すごく怖くなるのが正直。


一気に全部失いたくなかった。

私と妹の好きだった人

前日、大好きな安室ちゃんが引退するニュースで衝撃を受けてから色んな事を思い出してた。


私達姉妹は大の安室ちゃん好きで、生前、妹と安室ちゃんのPVを2人でよく見て、ライブにも何度も妹と行って、安室ちゃんにすごく元気をもらってた。
ライブは2人で鳥肌が立つほど感動して、新曲が出れば一緒に聴いて、安室ちゃんのメイクや髪型、服装も、何もかも2人で応援してた。


妹が病に侵されてからライブの参戦は出来なかった…どうしても行けなかった…
ちょうどFEELのアルバムが出た時、まだ会話が出来てた妹に、病院にアルバム持ってこようか?と聞いたら退院したら聴くからいぃ。と一点張りだった。
結局、聴けないままだった…

ちょうどGENICのツアーが始まった時、今は絶縁してしまった私の大事な人が行こうと誘ってくれた。
何年ぶりだろう…行けなくなってからはDVDは必ず買って見てたけど、妹と行って以来だった。
私が大好きな人を私の大事な人も大好きになってくれた。それほどGENICのツアーは特別なものになった。
去年は、その大事な人とはもう絶縁してしまって一緒には行けなかった。GENICが最後の思い出になった。
すごくすごく大事な思い出。
きっと、死ぬまで絶対忘れない、私の人生の歴史に残るだろう。
ちょっと切ないけど、忘れたく無い思い出。


安室ちゃんの引退は残念で仕方ない。
けど、引退しても私の中からは消えないし、ずっと応援し続けるし、こんなにも元気や感動をもらった事にありがとう…と思う。

数々の曲に思い出が1個1個刻まれて、その曲を聴くと蘇る。

すれ違い

疎遠になった今でもすれ違いは続いて。

いつになったら笑顔で君のところに駆け寄って行けるのかと思ってみたり…

このまま、こんな近くに居るのに絶縁を貫いて行くのが為になるのか。と思ってみたり。

電話さえ出来ないんだもん…

こうゆう事考える時点で無駄な時間なのかな…

8月は。

8月はホントに最低だった…💧

約1ヶ月前、5年に1度の大腸内視鏡検査をする為に1週間前から軽い下剤を飲んで、その週は仕事も殆ど出来ないくらい不調な毎日…

検査前日は処方食。
前日は日曜日だったにもかかわらず、外出する元気も気力も無く、ひたすら24時間テレビを観ていた。


検査当日は朝、病院につくなり本格的な下剤。
5年前、あまりの下剤の不味さに耐えられなかった為、今回は錠剤の下剤を。
まだ飲めたものの、やっぱり脱水症状になって検査まで点滴しながらベッドでぐったり。

問題なのは内視鏡検査。
5年前も地獄のようだった。
覚悟はしてたけど、私の腸は生まれつき癒着してるところがあるらしく、激痛と検査時間が1時間半。
鎮痛剤をするか?となったけど夕方まで病院で休まなければならないから断った自分もバカだった💧

ポリープ1個取って、また5年後…

5年前は入院中だった妹にすぐ連絡したな…
自分の事より姉の私を心配してた。

また、今はもう居ないんだな…と痛感した。

年に一度の

明日は年に一度の乳癌検診だ。

9年前、なんか胸が変な痛みがすると思って母も乳癌を患っていたので軽い気持ちで病院にいって検査をした。

触診では異常は無くマンモも異常は無く、超音波検査でシコリらしき物が5つ出来ていた。
悪性では無さそうとの事だったが、自分で全く気付かなかったから怖くて細胞診をして、それからは3ヶ月に一度、半年に一度、1年に一度になって毎年この時期に受けている。

妹が入院してた病院の目の前の病院。
彼女が生きていた時は、妹はもっともっと辛く痛い治療してるから私も検査結果が異常あっても!と奮い立たせていた。

今年はもぅ彼女は居ない。

弱虫だと思うけど検査の度に、最悪な結果を考える。

弱虫だな…検査受ける前からこんなで。
妹にもいつもいつも弱虫って言われてたな…

生きてれば苦もある。
検査を受けたく無いけど逃げる気はない。


明日、きちんと自分のシコリに変化がないか、検査して来ます。